女性のための産後のダイエットコントロールについて

今回は産後のダイエットカロリーコントロールについてお話したいと思います。
女性の方は、お産や産後の体調、健康管理がいろいろ大変であろうと思います。

どうしてもお産前は、お子様のための栄養を考え、普段よりも多めにカロリーを採り、お産に控えていらっしゃる方がほとんどだと思います。産後も授乳ということが控えているのであまり無理な産後のダイエットは考えないようにするのも大切なのかもしれません。しかし、女性からすればできるだけ早くもとの体系に戻りたいと思われることでしょう。

有名な芸能人が出産して以前のプロポーション復帰するのを見ると女性であれば誰でも私もそうでありたいと思います。
さきほどにも述べましたが、出産後はまずは食事の切り替えから意識していくことから始めることが良いようです。これからの授乳期にはたくさん栄養を取ることが大事な時期です。
ただし産後ダイエットを始める方のほとんどの方はこの時期の食事
の量に慣れてしまってなかなかもとの必要な食事の量に戻せない方
方が多い事が原因で太ってしまう方が多いのも事実です。
ここの戻ろうとしている時期にダイエットを成功させてきれいな体を維持していくというのが産後ダイエットの目的です。

posted by スリムな健康美人 at 08:46 | 産後ダイエット

産後ダイエットについて

産後ダイエットについて

各有名女優が出産してからのダイエット方法が話題となり、「産後ダイエット」なるダイエット方法が今、人気です。
では、その「産後ダイエット」って、どんなものなのでしょうか?

産後ダイエットは、出産直後にお母さんがまず考えることの一つに挙げられます。というのも、ほとんどのお母さんが一般的な許容範囲である8kg以上の体重増加があったり、許容範囲内であったとしても
妊娠前の体型から大きく崩れてしまうからです。

産後ダイエットとは、妊娠中に運動不足により衰えてしまった筋肉を回復させ、落ちてしまった基礎代謝を戻すことが最も大切となります。

産後ダイエットでは、ダイエットでありがちなカロリーを抑えることで痩せようとする方法は逆効果で、基礎代謝をさらに低下させて痩せにくい身体になってしまいます。

産後に失われがちなカルシウムなどの補給も視野にいれ、栄養バランスを考えた食事をきちんと摂り、ストレッチ運動などの簡単なエクササイズから始めて、衰えた筋力・筋肉を回復させることを第一に考えましょう。
posted by スリムな健康美人 at 09:03 | 産後ダイエット

産後ダイエットの仕組み

産後ダイエットの仕組み

産後ダイエットでは、低下した基礎代謝を無理なく回復させることが第一の考え方ですが、それ以外でも注目すべき部分は、実は骨盤のゆるみなどがあります。

多くの方は、産後における体重の増加に目が行きますが、実は骨盤のゆるみこそが、産後ダイエットにおいては必要不可欠な対策なのです。

産後は一時的に骨盤が開いた状態になります。そのまま放置しておくと、骨盤を痛めるのはもちろんのこと、開いた骨盤に内臓が入り込み、下腹が出たりお尻が大きくなってしまいます。
こうなると、簡単にダイエットだけでは元の姿に戻せない状態にもなりかねません。

ダイエットは体重を減らすだけではなく、体型も重要であります。
産後すぐに運動を開始するのは、かえって身体を痛めてしまいますので、体力が回復してから簡単なエクササイズを始め、腹筋や背筋を鍛えるような運動や、骨盤の歪みを矯正するようなエクササイズも加えていきましょう。
ヨガや、ストレッチなどもよろしいかと思われます。

産後ダイエット用に開発されたサポーターやコルセットなどで弱った腹筋や背筋をサポートするのも、体型を早く戻すダイエットをお考えのお母さんには非常に有効であります。

産後ダイエットのコツは以外にも、「骨盤」の矯正を考えた、エクササイズやストレッチから始めたほうが良いかもしれませんね。
posted by スリムな健康美人 at 09:12 | 産後ダイエット

産後ダイエットのコツ

産後ダイエットのコツについて

産後ダイエットは出産直後にお母さんがまず考えることの一つに挙げられますというのもほとんどのお母さんが一般的な許容範囲である8kg以上の体重増加があったり許容範囲内であったとしても妊娠前の体型から大きく崩れてしまうからです。

産後ダイエットでは妊娠中に運動不足により衰えてしまった筋肉を回復させ落ちてしまった基礎代謝を戻すことが最も大切となります。

産後ダイエットではダイエットでありがちなカロリーを抑えることで痩せようとする方法は逆効果で基礎代謝をさらに低下させて痩せにくい身体になってしまいます。

産後に失われがちなカルシウムなどの補給も視野にいれ栄養バランスを考えた食事をきちんと摂りストレッチ運動などの簡単なエクササイズから始めて衰えた筋力・筋肉を回復させることを第一に考えましょう。

産後ダイエットのコツ

産後ダイエットでは低下した基礎代謝を回復させることが第一ですがそれ以外でも注目すべきは骨盤のゆるみです。

産後は一時的に骨盤が開いた状態になります。

このまま放置しておくと骨盤を痛めるのはもちろんのこと開いた骨盤に内臓が入り込み下腹が出たりお尻が大きくなってしまいます。

ダイエットは体重を減らすだけではなく体型も重要ですよ。

産後すぐに運動を開始するのはかえって身体を痛めてしまいますので体力が回復してから簡単なエクササイズを始め腹筋や背筋を鍛えるような運動や骨盤の歪みを矯正するような整体エクササイズも加えていきましょう。

産後ダイエット用に開発されたサポーターやコルセットなどで弱った腹筋や背筋をサポートするのも体型を早く戻すダイエットをお考えのお母さんには有効です。

posted by スリムな健康美人 at 07:45 | 産後ダイエット

産後ダイエットの留意点

産後ダイエットの留意点について

産後ダイエットは、出産直後にお母さんがまず考えることの一つに挙げられます。
というのも、ほとんどのお母さんが一般的な許容範囲である8kg以上の体重増加があったり、許容範囲内であったとしても妊娠前の体型から大きく崩れてしまうからです。

今話題の産後ダイエットの方法では竹内結子さんの行ったインスパイリングエクササイズというものが話題になっています。
これは体操によって産後ダイエットを成功させるもので、出産後も出産前の体型を維持されている竹内結子さんのダイエットの方法が話題を呼んでいるのです。
芸能人の方のダイエット方法はやはり影響力がありますね。

産後は一時的に骨盤が開いた状態になります。
このまま放置しておくと、骨盤を痛めるのはもちろんのこと、開いた骨盤に内臓が入り込み、下腹が出たりお尻が大きくなってしまいます。産後ダイエットは骨盤のゆるみをゆっくり骨盤を元に戻すことが大切なのです。

ダイエットは体重を減らすだけではなく、体型も重要です。
産後すぐに運動を開始するのは、かえって身体を痛めてしまいますので、体力が回復してから簡単なエクササイズを始め、腹筋や背筋を鍛えるような運動や、骨盤の歪みを矯正するような整体エクササイズも加えていきましょう。

産後ダイエット用に開発されたサポーターやコルセットなどで弱った腹筋や背筋をサポートするのも、体型を早く戻すダイエットをお考えのお母さんには有効です。
しかし産後間もない期間は無理なダイエットはしないようにしましょうね。

また、産後に失われがちなカルシウムなどの補給も視野にいれ、栄養バランスを考えた食事をきちんと摂り、ストレッチ運動などの簡単なエクササイズから始めて、衰えた筋力・筋肉を回復させることを第一に考えましょう。
posted by スリムな健康美人 at 14:36 | 産後ダイエット

魚で中性脂肪値を抑える

産後ダイエット・魚のDHAの成分で中性脂肪値を抑える

以前、「記憶力が高まる」「頭が良くなる」として、DHA(ドコサヘキサエン酸)が話題になったのをご存知ですか?DHA入り頭脳パンが発売されていましたね。DHAは魚に含まれる不飽和脂肪酸です。まぐろ、はまち、さばなどの魚に多く含まれます。
実はこのDHA、ダイエットにも効果があります。産後ダイエットの栄養管理に役立ててみましょう。

DHAは中性脂肪値の上昇を抑え、善玉コレステロールを増やす効能があります。青魚は脂がのった新鮮なものほど多く含まれますが、摂取するエネルギーも高くなるので摂り過ぎには注意しましょう。

調理方法としては、脂が落ちてしまう網焼きではなく、汁物に入れたり、ホイル蒸しにするのが良いです。いちばん適しているのは旬の魚を選び、刺身にして食べることです。

また、魚に含まれる不飽和脂肪酸にはEPA(エイコサペンタエン酸)があります。EPAには中性脂肪値を下げるほか、血栓を作りにくくする効果があり、心筋梗塞・脳梗塞の予防に役立ちます。

ママさんの産後ダイエットメニューに、ぜひ魚料理を1日に1回取り入れてみて下さい。
posted by スリムな健康美人 at 13:57 | 産後ダイエット

【産後ダイエット】授乳期の栄養管理

【産後ダイエット】授乳期の栄養管理について

育児に家事と毎日忙しい日々を送っているママさん!産後ダイエットは順調でしょうか?

今回は授乳期の栄養管理についてです。
出産直後は体力を回復させる為に、まだ体に脂肪が蓄えられやすい状態にあります。体の戻りは緩やかで、皮下脂肪などが気になるとは思いますが、過激なダイエットは禁物です。
特に授乳期のママさんは栄養管理を十分に行いましょう。母乳を赤ちゃんにあげることは言うまでもなく、とても大切なことです。
たんぱく質・カルシウムをしっかり摂ることに重点を置き、通常よりも約600キロカロリー多めに摂取する必要があります。

約3時間おきに母乳をあげるのはとても大変です。育児には仕事をしていたときとは全く違った体力を使うので上手に食べて体重を戻して行きましょう。

産後すぐに無理なダイエットをすると、母乳の出が悪くなるなどの悪影響があります。また、ホルモンのバランスにより抜けやすくなった髪の毛がさらに抜けやすくなる、お肌・皮膚が乾燥してカサカサになるなど、美容の観点からしても良くありません。

必要な栄養を食事から摂取し、産褥体操などを取り入れて、無理のないママさんライフを送りましょう。

posted by スリムな健康美人 at 14:30 | 産後ダイエット

【産後ダイエット】インスタント食品は禁物

【産後ダイエット】インスタント食品は禁物です

産後ダイエット成功させるには、普段の食事を改善していく必要があります。今回は、インスタント食品についてです。

昔と違い、現代は様々な食品が販売されています。外をちょっと散歩するだけでも、24時間営業のコンビニエンスストア、ファーストフード店を代表するテイクアウト食品、缶ジュースが手軽に買える自動販売機など、食べ物の誘惑がいっぱいです。
また、買い物にスーパーやデパートに行くと、様々なインスタント食品が売られています。
これらは手軽に食べられて便利ですが、その反面、脂肪・糖質を多く含んだ高エネルギー食品です。

子育てをしていると、毎日が大変です。食事の準備をするのも、おっくうなときがあります。しかし、インスタント食品を代表する“お手軽食品”で済ませるのは最小限にしておきましょう。

産後ダイエットにおいて、重要な栄養素はビタミン類・食物繊維・カルシウムなどが挙げられます。特に母乳で子育てをしている方には、カルシウムは非常に重要な栄養素です。

授乳期のママさんは、母乳を作る上でカルシウムや鉄分が必要になります。不足がちになるとママさんの骨が弱くなったり、貧血ぎみになることがあります。産後ダイエットの成功や赤ちゃんの栄養摂取の為にも、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。




posted by スリムな健康美人 at 14:34 | 産後ダイエット

【産後ダイエット】食べすぎ防止対策

【産後ダイエット】食べすぎ防止対策について

食べ物の取り扱い・食べ方を見直して、産後ダイエットを成功させましょう。

産後ダイエットに食べ過ぎ・カロリーの過剰摂取は禁物です。
食べ過ぎてしまうのは、周りの環境作りが原因になっていることがあります。ちょっとしたきっかけ・気遣いで改善できますので、ぜひ実践してみて下さい。

茶碗をひとまわり小さいサイズに変える

通常サイズを使っていると、産後ダイエットに適した量を入れたときに少なく感じてしまいます。始めから小さいサイズを使えば、ボリューム感の差がだんだん気にならなくなり、食べ過ぎを防止します。

空腹時に買い物に行かない

おなかが空いた状態で買い物に行くと、いろいろな食べ物がおいしそうに感じてしまいます。ついつい余計なものまで買ってしまいがちになります。
たくさんの食べ物を買いだめしておくのも良くありません。

買い物は歩いて行く

車で買い物に行くと、たくさん載せることができるので、食べ物をいっぱい買ってしまいがちです。歩いて行けば産後ダイエットにも効果が得られますね。

おかずをひとつの皿に盛り付けない

おかずは一人分ずつ皿に盛り付けましょう。大皿にみんなの分を盛り付けてしまうと、自分がどのくらい食べたのか把握できなくなります。

見える場所に食べ物を置かない

食べ物はきちんと冷蔵庫や棚にしまって見えないようにしましょう。テーブルの上などに置いておくと「ちょっとくらいいいかな」と、つまんでしまうものです。
posted by スリムな健康美人 at 14:38 | 産後ダイエット

【産後ダイエット】食習慣を見直す

【産後ダイエット】食習慣を見直す

産後ダイエットを成功させるには、適度な運動と正しい食習慣が必要不可欠です。肥満傾向がある方は、食習慣の問題が原因になっている場合があります。
1日の食生活を振り返ってみて以下の特徴が当てはまらないかチェックしてみて下さい。

ながら食い
テレビや新聞を見ながら食事をすると、見ているものに意識が集中しやすくなります。満腹中枢が働きにくくなり、満腹感を得られない状態で食べ過ぎてしまいます。
早食い
食べるのが早いと、食べすぎになりやすい傾向があります。満腹中枢が働き、満腹感を得るまでには食事を始めてから20分程かかります。家族や友人達と食事をして、いつもいちばん早く食べ終わる方は要注意です。良く噛んで食べることを意識し、楽しくおしゃべりしたり、時にはいったん箸を休めるなどして時間をかけるようにしましょう。
理由はないが、なんとなく食べてしまう
食事量が多くない場合でも、暇があればお菓子などを口にしてしまうというパターンです。
テーブルなど、部屋の目のつく場所に、いつもお菓子やみかんが置いてあるのは良くないですね。産後ダイエットに適した環境作りをしましょう。
料理中や後片付けのときに食べてしまう
料理中に味見を何回もしたり、いろいろつまんで食べてしまうのは立派な間食です。
また、食事の後片付けのときに残り物を自分で食べてしまってはいませんか?もったいなからといって食べてしまうのは余分なカロリー摂取につながります。
意識していないと、気付かないところで食べ物を口にしてしまっているときがあります。1つでも当てはまる場合はカロリーコントロールの為に改善を試みましょう。

posted by スリムな健康美人 at 14:41 | 産後ダイエット

産後ダイエットの方法について

産後ダイエットの方法

産後ダイエットにはいくつかポイントがあります。産後ダイエットの基本は、運動と食事ですが、無理な運動はしないことです。産後ダイエットの方法は、軽い筋力トレーニングと骨盤を矯正する体操を行います。注意することは、産後すぐに無理な運動をすると骨盤が元に戻らなくなる恐れがあるので避けてくださいね。

食事も、摂取カロリーをカットするダイエットはやめること。よい母乳を出すためにも十分な栄養をとることも必要ですよ。

妊娠、お産をした後、体型に変化が起きてしまった場合、体型を整えるための、産後ダイエットの方法の一つとして、定期的に体を動かして、運動する、というものがあります。この場合、お産をした直後は、体力が弱っているので、無理をせず、計画を立てて、自分のペースで、ゆっくりと運動を進めていくとよいようです。

妊娠、出産後、妊娠前に比べて、体重が増加してしまったり、あるいは、体型が崩れてしまう等の、悩みを解消するために、産後ダイエットに取り組む方法として、先述のように、日常生活に、定期的に運動を取り入れる、というものがあるのですが、その他、様々な方法があります。

妊娠、出産後の、産後ダイエットの方法として、このように、食事のカロリーの量をコントロールして、お産の後に、崩れてしまった体型を整える、という方法があるのですが、お産をした直後は、栄養分が必要となるため、カロリー分の多い食べ物を摂取する必要もあります。

妊娠、出産をする際にお世話になる、産婦人科の中には、こういった、産後ダイエットについてアドバイスしてくれる産婦人科もあります。妊娠中の体調管理だけではなく、産後ダイエットについても、知りたい、といった方は、こういった産婦人科を訪れてみるといいのではないでしょうか。
posted by スリムな健康美人 at 04:53 | 産後ダイエット

産後ダイエットと骨盤矯正

産後ダイエットと骨盤矯正

産後ダイエットというのは、高カロリー食品を低カロリーのヘルシーなものに変えることと、妊娠中に下がった基礎代謝を上げるための軽い運動をすることです。そして、次に重要なのが、開いてしまった骨盤を正常な位置に戻すためのエクササイズをすることです。

骨盤の矯正に効果的なシェイプアップガードルやベルトなどを利用するのもおすすめですよ。女優さんたちが産後ダイエットに成功しているのは、産後ダイエットの意識が高いためです。特に、産後6ヶ月は、特にダイエットの効果が現れる時期なのです。

妊娠、お産をした後に、変化してしまった体型を整えるための、産後ダイエットの方法として、日常生活に運動を取り入れる場合、最初は、軽めに体を動かすことから始めて、その後、筋力トレーニングを取り入れる等して、徐々に運動量を増やすようにしていくとよいようです。

妊娠、出産後、妊娠前に比べて、体重が増加してしまったり、あるいは、体型が崩れてしまう等の、悩みを解消するための、産後ダイエットに取り組む方法の一つとして、日常生活で摂取する、食事に含まれている、カロリーの量をコントロールする、といったものがあります。

妊娠をして、出産をした直後は、栄養分を補給する必要もあるため、このように、カロリー分の多い食事を摂取する必要もあるのですが、出産後、ある程度落ち着いたら、産後ダイエットのために、徐々に、カロリー分の少ない食事に切り替えていくとよいでしょう。

妊娠、出産をした後は、骨盤が崩れてしまう場合もあります。こういった場合にも、産後ダイエットは、必要で、崩れてしまった骨盤を矯正するために、運動することによって、産後ダイエットに取り組む方もいます。ただし、こういった場合にも、無理に運動するのは体によくありません。

posted by スリムな健康美人 at 04:56 | 産後ダイエット

産後ダイエットで体型を戻そう!

産後ダイエットで体型を戻そう!

妊娠、お産を経験した後、妊娠前に比べて、体重が増加してしまったり、体型が変化してしまったり等、体に変化が起こるのは、個人差があるようなのですが、こういった症状が顕著に表れる場合には、産後ダイエットに取り組んで、体型を整えるようにした方がよいようです。

妊娠、出産後、妊娠前に比べて、体重が増加してしまったり、体型が崩れてしまって、産後ダイエットに取り組もう、と考えている場合は、まずは、自分が理想とする体重を決めて、先述のように、計画を立てた上で、産後ダイエットに取り組んでいくとよいでしょう。

特に、妊娠中の女性の中には、カロリー分の多い、甘いものや、高カロリーの食事に手を出してしまう方もいて、それが原因で、産後ダイエットが必要となってしまう方もいるようです。こういった方は、出産後は、計画を立てて、徐々に、出産前の食生活を変化させていくようにした方がよいでしょう。

ただ、お産を経験した後、太ってしまったりして、妊娠前に比べて体型が崩れてしまい、悩んでしまう方もいます。こういった方にとっては、産後ダイエットは、必要で、先述のように、運動や、カロリー分を控えた食事を取ることによって、産後ダイエットに取り組むことができます。

産後ダイエットで体型を元に戻すには、まずは産後すぐにできる産褥(さんじょく)体操をまじめにしっかりやることから始めましょう。リフォーム下着などで子宮を回復させながら、骨盤をしっかり元の位置に戻してあげて、授乳期には質の良い食事を三食摂るようにこころがけましょう。がんばって!
posted by スリムな健康美人 at 04:59 | 産後ダイエット

産後ダイエットのコツ

産後ダイエットとは産後ダイエットのコツ

産後ダイエットは出産直後にお母さんがまず考えることの一つに挙げられますというのもほとんどのお母さんが一般的な許容範囲である8kg以上の体重増加があったり許容範囲内であったとしても妊娠前の体型から大きく崩れてしまうからです。

産後ダイエットでは妊娠中に運動不足により衰えてしまった筋肉を回復させ落ちてしまった基礎代謝を戻すことが最も大切となります。

産後ダイエットではダイエットでありがちなカロリーを抑えることで痩せようとする方法は逆効果で基礎代謝をさらに低下させて痩せにくい身体になってしまいます。

産後に失われがちなカルシウムなどの補給も視野にいれ栄養バランスを考えた食事をきちんと摂りストレッチ運動などの簡単なエクササイズから始めて衰えた筋力・筋肉を回復させることを第一に考えましょう。

産後ダイエットのコツ

産後ダイエットでは低下した基礎代謝を回復させることが第一ですがそれ以外でも注目すべきは骨盤のゆるみです。

産後は一時的に骨盤が開いた状態になります。

このまま放置しておくと骨盤を痛めるのはもちろんのこと開いた骨盤に内臓が入り込み下腹が出たりお尻が大きくなってしまいます。

ダイエットは体重を減らすだけではなく体型も重要ですよ。

産後すぐに運動を開始するのはかえって身体を痛めてしまいますので体力が回復してから簡単なエクササイズを始め腹筋や背筋を鍛えるような運動や骨盤の歪みを矯正するような整体エクササイズも加えていきましょう。

産後ダイエット用に開発されたサポーターやコルセットなどで弱った腹筋や背筋をサポートするのも体型を早く戻すダイエットをお考えのお母さんには有効です。

posted by スリムな健康美人 at 16:00 | 産後ダイエット

うまくいく産後ダイエット

産後ダイエットの成功方法

産後と切り離せないのが ダイエット ですよね。
体重は戻ったのに、お腹のぽっこりが戻らないなんていう方もいるようです。
妊娠中は、運動はもちろん、ちょっと体を動かすこともなかなかできなくなります。

そして、お腹が大きくなるため、体をねじることもしにくくなるし、
ひとつひとつの動作がゆっくりになります。
それでは、当然筋肉も落ちますので、基礎代謝量が減り、
カロリーを消費しにくくなってしまいます。

さらに、骨盤が開いた状態にあるので、下腹部が出たり、
お尻が大きくなる原因になる場合もあるのです。
産後 の ダイエット では、ついあせって早く元の体型に戻そうとしがちですが、
決して無理をしてはいけません。

あとあと体調を崩したり、基礎代謝をさらに低下させてもっと
太りやすい体質になってしまいます。



産後 ダイエット:食事
このような理由から、産後 ダイエット では基礎代謝を元に戻さずに
摂取カロリーをカットするようなことは厳禁です。

まず、食事はきちんと3食摂りましょう。ただし、
過食や間食には気をつけて。開いた骨盤を締めるために、
下腹部にコルセットやサポーターをつけましょう。

posted by スリムな健康美人 at 16:09 | 産後ダイエット

産後ダイエットの注意点

産後ダイエットの注意点

急激に激しい運動を行うことは避けましょう。産後疲労によって、抵抗力の低下や身体が正常な状態にないことから、急激に激しい運動などを行うとさまざまな疾患へと繋がります。

初期段階である複式呼吸や胸式呼吸などを始め、1週間程度経って調子が良いようであれば、産後ダイエットなどを始めましょう。

ダイエットといっても、散歩などの軽い運動から始めるのが良いでしょう。
身体の様子を見ながら少しずつ運動量を増やし、骨盤ダイエット(矯正)なども始めると良いようです。

また、骨盤は、妊娠・出産によって緩んでいます。
そのため、恥骨・仙骨周辺に力を入れるような運動、例えば、スクワットや開脚などのストレッチ運動が取り入れてあるダイエット法は絶対に行わないでください。

運動ではありませんが、重たい荷物を持つなどの行為も恥骨・仙骨に力が入りますので避けましょう。

産後というのは、授乳中という期間でもあるため、食事によるダイエットも避けたほうが良いでしょう。
赤ちゃんの健康を考え、母乳の出具合によっても違ってきますので、それによって3度の食事以外の間食に気をつけるようにすると良いでしょう。
毎日の体重管理を行う事で、程度の産後太りを予防することは出来るようです。
posted by スリムな健康美人 at 16:29 | 産後ダイエット

産後ダイエットに取り組む

産後ダイエットに取り組む

妊娠、お産を経験した後、妊娠前に比べて、体重が増加してしまったり、体型が変化してしまったり等、体に変化が起こるのは、個人差があるようなのですが、こういった症状が顕著に表れる場合には、産後ダイエットに取り組んで、体型を整えるようにした方がよいようです。

妊娠、出産後、妊娠前に比べて、体重が増加してしまったり、体型が崩れてしまって、産後ダイエットに取り組もう、と考えている場合は、まずは、自分が理想とする体重を決めて、先述のように、計画を立てた上で、産後ダイエットに取り組んでいくとよいでしょう。

特に、妊娠中の女性の中には、カロリー分の多い、甘いものや、高カロリーの食事に手を出してしまう方もいて、それが原因で、産後ダイエットが必要となってしまう方もいるようです。こういった方は、出産後は、計画を立てて、徐々に、出産前の食生活を変化させていくようにした方がよいでしょう。

ただ、お産を経験した後、太ってしまったりして、妊娠前に比べて体型が崩れてしまい、悩んでしまう方もいます。こういった方にとっては、産後ダイエットは、必要で、先述のように、運動や、カロリー分を控えた食事を取ることによって、産後ダイエットに取り組むことができます
posted by スリムな健康美人 at 14:02 | 産後ダイエット

産後ダイエットのコツ

産後ダイエットのコツ

産後ダイエットは出産直後にお母さんがまず考えることの一つに挙げられますというのもほとんどのお母さんが一般的な許容範囲である8kg以上の体重増加があったり許容範囲内であったとしても妊娠前の体型から大きく崩れてしまうからです。

産後ダイエットでは妊娠中に運動不足により衰えてしまった筋肉を回復させ落ちてしまった基礎代謝を戻すことが最も大切となります。

産後ダイエットではダイエットでありがちなカロリーを抑えることで痩せようとする方法は逆効果で基礎代謝をさらに低下させて痩せにくい身体になってしまいます。

産後に失われがちなカルシウムなどの補給も視野にいれ栄養バランスを考えた食事をきちんと摂りストレッチ運動などの簡単なエクササイズから始めて衰えた筋力・筋肉を回復させることを第一に考えましょう。

産後ダイエットのコツ

産後ダイエットでは低下した基礎代謝を回復させることが第一ですがそれ以外でも注目すべきは骨盤のゆるみです。

産後は一時的に骨盤が開いた状態になります。

このまま放置しておくと骨盤を痛めるのはもちろんのこと開いた骨盤に内臓が入り込み下腹が出たりお尻が大きくなってしまいます。

ダイエットは体重を減らすだけではなく体型も重要ですよ。

産後すぐに運動を開始するのはかえって身体を痛めてしまいますので体力が回復してから簡単なエクササイズを始め腹筋や背筋を鍛えるような運動や骨盤の歪みを矯正するような整体エクササイズも加えていきましょう。

産後ダイエット用に開発されたサポーターやコルセットなどで弱った腹筋や背筋をサポートするのも体型を早く戻すダイエットをお考えのお母さんには有効です。

posted by スリムな健康美人 at 14:56 | 産後ダイエット

ダイエット・妊娠期

妊娠期のダイエット

基本的に、妊娠期のダイエットはやめましょう。今は痩せ型の女性が多く、妊娠中に体型が変わることをひどく気にしてダイエットをしながら妊娠を経過させる妊婦さんが増えているようです。

元々痩せ方の人は8〜13キロ(元の体重によります)増やすように指導されているのに、太るのが嫌だからと食事を抜いたりして体重をあまり増やさない人がいます。

体重が増えなければ出産が楽でいいような気もしますが、食事を抜く(1日に必要なだけの栄養素をとらない・摂取カロリーが少なすぎる)など、無理なダイエットをしながら妊娠中を過ごすと、陣痛に耐えれる体力がない、いきむ力が足りないので分娩時間が長引くというふうに母体に影響が出るだけでなく、赤ちゃんが栄養を上手に摂取できない、子供のうちから高血圧や糖尿病になる確率が上がるなど大事な子供にまで悪い影響が出てしまいます。

だから、「妊娠期のダイエット」はよくないのです。

食べすぎは妊娠中毒症を引き起こし、危険な状態となりますが、それを避けるようにしていれば、特に問題はありません。食べる順序としては、野菜→肉・魚類→炭水化物になるようにしましょう。量も同じ順番で、野菜を一番多く摂るようにしてください。また、お腹の張りさえなければ散歩することです。

体重を減らせるかどうかは、個人の体質によると思うので何とも言えません。赤ちゃんが大きくなっているのだから体重が増えるのは当たり前ですね。とにかく神経質になりすぎないのが大事です。あまり気にしすぎるとストレスが一番怖いですからね。
posted by スリムな健康美人 at 08:10 | 産後ダイエット

正しい産後ダイエットの方法

正しい産後ダイエットの方法

妊娠、お産は、女性の方にとって、経験することのあるものです。
妊娠中は、お腹に赤ちゃんがいるので、妊娠前に比べて、体重が増えてしまったり、お腹が出てしまったりするのは、当然のことなのですが、妊娠、お産後も、体重が増えてしまったり、体型が崩れてしまう、といった方もいて、こういった方の中には、産後ダイエットに興味を持つ方もいます。

妊娠中は、お腹に赤ちゃんがいて、体重が増加し、体力的に負担がかかるので、妊娠中の女性の中には、妊娠する前に比べて、食事をとる量が増えてしまったり、食事に含まれている、カロリーの量を過剰に摂取してしまう、といった方もいるようで、こういった理由から、産後ダイエットが必要となる方もいます。

妊娠、出産後に、妊娠前に比べて、増えてしまった体重を減らしたり、あるいは、崩れてしまった体型を整えるために、食事のカロリーの量をコントロールする、といった産後ダイエットの方法を取り入れる場合には、高カロリーの食事から、低カロリーの食事に徐々に変化させていくのがよいでしょう。

妊娠をして、出産した後に、行われている、産後ダイエットは、お産を経験した女性がみんな必要である、というものではありません。
もともとの体質や、食生活等の環境要因にもよるので、お産を経験した女性の中には、産後ダイエットが、必要でない方もいます。
posted by スリムな健康美人 at 10:31 | 産後ダイエット

産後ダイエットの事実

産後ダイエットの事実

産後は痩せやすい体になっているって知ってましたか?


赤ちゃんを産んだら太っちゃうのなんて仕方ない、赤ちゃんのためにこうなったんだ、なんて言い訳したり、あきらめたりしてる方も多いのでは??(それは私(笑))


確かに、赤ちゃんがおなかにいるときは、ママの体は赤ちゃんを守るための体に変化していきます。脂肪もつきやすくなっているし、激しい運動をすることができないので、基礎代謝も落ちていき、太りやすい体になっていくんですね。


でもそのかわりに、産後6ヶ月間は、逆に脂肪が燃焼しやすい体になっているんです。この期間を利用して、筋トレやストレッチをして基礎代謝をあげるのが、産後ダイエットです。
posted by スリムな健康美人 at 16:51 | 産後ダイエット

産後ダイエットの方法

産後ダイエットの方法

産後1ヶ月は体が回復するための期間なので、ゆっくり静養しましょう。この期間に無理をすると、後々まで響くことにもなりかねません。


2ヶ月目以降は、人それぞれ体の回復具合などもありますので、無理をせずに医師に相談などしながら、少しずつ運動を始めます。腕立てや腹筋などの軽い筋トレや柔軟などのストレッチだけでもOKです。


帝王切開の方の場合は、自然分娩の方よりも回復に時間がかかることが多いので、これも医師とよく相談してから適度な運動をするようにしてくださいね。
posted by スリムな健康美人 at 16:52 | 産後ダイエット

産後ダイエットの効果

産後ダイエットの効果

気をつけなければいけないのは、産後体重が変わらないからといって安心してしまうことです。体重が変わらないのに体脂肪が増えている、ということが多いようなので、よくチェックしてみましょう。


赤ちゃんの世話をしていれば忙しくて太らない、おっぱいをあげていれば太らない、というのもよく聞きますが、妊娠中に太りやすく変化してしまった体は、それだけではなかなかもとの体重に戻すのは難しいものです。

とはいえ、産後はもっとも体を大切にしなければいけない期間でもあるので、自分の体調をよく見ながら、あせらずに少しずつ継続して、軽い運動から始めるのが結果的にはダイエットにも効果的です。
posted by スリムな健康美人 at 16:54 | 産後ダイエット

産後ダイエットのコツ

産後ダイエットのコツ

産後ダイエットでは、なにかと焦る気持ちもわかりますが低下した基礎代謝を回復させることが第一です。そして産後ダイエットでそれ以外でも注目すべきは骨盤のゆるみなのです。

産後は一時的に骨盤が開いた状態になるのですが、このまま放置しておくと、骨盤を痛めるのはもちろんのこと、開いた骨盤に内臓が入り込み、下腹が出たりお尻が大きくなってしまう現象があります。

産後ダイエットは体重を減らすだけではなく、体型も重要なのです。産後すぐに運動を開始するのは、かえって身体を痛めてしまいますので、体力が回復してからここで紹介するような簡単なエクササイズを始め、腹筋や背筋を鍛えるような運動や、産後ダイエットとともに骨盤の歪みを矯正するような整体エクササイズも加えていきましょう。


産後ダイエット用に最近開発されたサポーターやコルセットなどで弱った腹筋や背筋をサポートするのも、産後の体型を早く戻すダイエットをお考えのお母さんには有効です。
posted by スリムな健康美人 at 16:33 | 産後ダイエット

産後ダイエットレシピ

産後ダイエットレシピ

産後のダイエットレシピといいますと、つい女性だけを意識しますが、男性つまり旦那さんにも手伝ってもらいたいものです。ダイエットレシピは男性でも考え作れるのです。おいしく栄養面にも考慮した手軽に作れるダイエットレシピを紹介します。


長く続けるほど効果があるのが産後ダイエットですが、ダイエットを長く続ける秘訣として食事がとても大事になります。カロリー計算(コントロール)、栄養素などの知識を取り入れ、効果的に痩せられるダイエットレシピを考えたいものです。

つまり、産後ダイエットのコツといえばカロリー計算(コントロール)、栄養学なども考えなければいけませんが、カロリーでは1日に必要なエネルギーを計算したり栄養では野菜、果物、豆類、肉類のバランスを考慮するといいです
posted by スリムな健康美人 at 16:35 | 産後ダイエット

インスパイリングエクササイズって?

インスパイリングエクササイズって?


産後ダイエットとして女優の竹内結子さんが行ったインスパイリングエクササイズは産後にもかかわらず、今までと同じようなスタイルを維持できるようになりました。

以前より美しいと思う方もいるはずです。

産後にウェストを8センチもダウンさせたそうで,このことが、現在妊娠中や出産後の人のあいだで話題になり、インスパイリングエクササイズというのが広まっているようです。


インスパイリングエクササイズを考えたのは、スタジオ インスパイリングを主宰しているMicaco(ミカコ)さんです。

Micacoさんは従来のエクササイズプログラムに内在するバランスの悪さや実効性の弱さを感じ新しいエクササイズを作ったそうです。


では、どういったエクササイズをしていくかというと、日常生活の緊張した体をリラックスさせることから始まり、骨盤骨格のゆがみを矯正、骨を支えている深部筋に筋肉をつけていくこと、リンパの流れをよくすることで進められます。


インスパイリングエクササイズで期待できる効果はというと、骨盤を正常な状態に改善するエクササイズをすることで、O脚・X脚が治り小尻になります。このエクササイズを始めてジーンズのサイズが1〜2サイズダウンした人も大勢いるそうです。
posted by スリムな健康美人 at 14:53 | 産後ダイエット

竹内結子産後ダイエットを見つめよう

竹内結子産後ダイエットを見つめよう

竹内結子産後ダイエットが密かに若い女性を中心に人気となっています。なぜあんなに短期間に痩せられることができたのか。

子供がいるのにスタイルがいいことで女性の関心を集めているのです。短い期間で痩せることができた竹内結子さんの産後ダイエットについてみてみましょう。

竹内結子さんの産後ダイエットですがスタジオインスパイリングエクササイズを主催しているMICACOさんが考案した骨盤体操ダイエットです。

インスパイリングエクササイズをすることで体の体型を元に戻してダイエットに成功できるようにしていきます。

竹内結子さんが産後ダイエットに行ったとされるインスパイリングエクササイズに興味があるのです。

このインスパイリングエクササイズには骨盤のゆがみを端正するだけでなく生理痛、腰痛の改善、肩こり、安眠に効果があるとされています



結論として産後ダイエットは正しい知識と痩せる強い意識があれば痩せることが可能です。

女性にとってきれいになることは必須なのです。竹内結子さんのようにスタイル、きれいさに磨きをかけてより女性らしくなっていくことが求められているのです

posted by スリムな健康美人 at 14:54 | 産後ダイエット

産後ダイエットとふつうのダイエットの違いは?

産後ダイエットとふつうのダイエットの違いは?

出産を終えてしばらく経って、体重は戻っても体型は戻らないなど、お悩みも様々。妊娠をしている間は、運動はもとより、普段から体を動かすことも少なくなりがちです。


また、お腹が大きくなると、体をねじったりもしにくくなり、行動もゆっくりになります。そうしていると、筋肉量が落ちますので基礎代謝が下がってしまい、カロリーを消費しにくい体質になってしまいます。

なおかつ、骨盤が開いた状態にあるので、お尻が大きくなる原因や、下腹部が出たりします。


産後ダイエットは、決して無理をしてはいけません。

無理なダイエットに手を出してしまうと、体調を崩したり、基礎代謝を低下させて今以上に太りやすい体質になってしまいます。

ですから、基礎代謝を戻さずに、単純にカロリーをカットするようなダイエットは厳禁です。


何といっても、食事はしっかり3食が基本です。

ただ、過食や間食には気をつけます。また、骨盤が開いた状態にあるので、横座りや足を組むのはさけて、姿勢を正して座るようにしましょう。

産後の体の回復を考えながら、2〜3ヶ月してから体重が落ちるようにすると良いですね。

posted by スリムな健康美人 at 14:56 | 産後ダイエット

産後ダイエットと骨盤矯正

妊娠、出産の際にあまりにも体重が増加してしまうと、産後ダイエットでも元の体型や元の体重に戻すのは、かなり苦労します。
しかし、頑張らなければずっとそのままの状態が続きます。
綺麗なママと自慢される為にもしっかり頑張って産後ダイエットを実践しましょう。

産後ダイエットの実践に適した時期は、出産後6ヶ月間くらいまでの間と言われています。
この6ヶ月間は体に脂肪がついてしまっていても落とし易いそうです。

産後ダイエットに最も効果がある6ヶ月間に、ウエストニッパーやガードルを活用し、それと並行してエクササイズ等を行いましょう。
頑張れば妊娠前よりもスッキリとしたボディラインになれる可能性もあります。

産後ダイエットで重要なポイントは、妊娠、出産において広がってしまった骨盤を引締める事です。
骨盤を元の正常な状態に矯正せずにエクササイズや食事制限を行っても、産後ダイエットの効果は現れません。

産後少しでも早い時期に骨盤を矯正するには、産後の早い時期でも使用する事ができるガードルやベルト、ウエストニッパー等で骨盤に締まった状態を覚えさせるようにします。

そして中期、後期へと時期が過ぎるにつれて、徐々にシェイプ力の高いガードルやウエストニッパー等を使って骨盤の引き締めと同時に脂肪もおさえると効果的です。

もし赤ちゃんを預かってくれる人がいるのであれば、整骨院で骨盤矯正を受けるのも良いでしょう。
posted by スリムな健康美人 at 16:46 | 産後ダイエット

帝王切開後の産後ダイエット

お産は通常分娩でするのにこした事はないですが、母体や赤ちゃんを守る為に止むを得ず帝王切開での出産になる事があります。
帝王切開での出産は通常分娩と比べ、お母さんの体にも負荷がかかり産褥期も何かと大変な事があるのではないでしょうか。

でもそんなツラい出産を経験した方でも、産褥期を過ぎて体の状態が落着いてくる頃には産後ダイエットの事が気になり始めると思います。
ムリのない範囲であれば、帝王切開での出産でも産後ダイエットは可能です。
体に負担がかからない程度に少しずつ始めてみましょう。

産後ダイエットではウエストニッパー等の補正下着を使った引締めを行いますが、帝王切開での出産をした方は産褥期にあまりキツいニッパーでギュウギュウ締め付けるのはオススメできません。
帝王切開をした方で、産後ダイエットにニッパー等の補正下着を使いたい場合には、骨盤やウエストの脂肪の引締め効果はありながらお腹の傷に負荷のかからないものを選びましょう。

ちょうどいいサイズのものよりも1サイズ大きいガードルや、サイズ調節が4段階くらいの範囲で可能なマジックテープ式やホック式のウエストニッパーのような補整下着がオススメです。

帝王切開での出産をされた場合、自分が思った以上に体には負担がかかっています。
産後ダイエットを始めるのなら、傷のひきつれがおさまってくる産後2ヶ月位に時期から少しずつ始めるのが良いでしょう。
posted by スリムな健康美人 at 16:47 | 産後ダイエット

帝王切開後の産後ダイエット

お産は通常分娩でするのにこした事はないですが、母体や赤ちゃんを守る為に止むを得ず帝王切開での出産になる事があります。
帝王切開での出産は通常分娩と比べ、お母さんの体にも負荷がかかり産褥期も何かと大変な事があるのではないでしょうか。

でもそんなツラい出産を経験した方でも、産褥期を過ぎて体の状態が落着いてくる頃には産後ダイエットの事が気になり始めると思います。
ムリのない範囲であれば、帝王切開での出産でも産後ダイエットは可能です。
体に負担がかからない程度に少しずつ始めてみましょう。

産後ダイエットではウエストニッパー等の補正下着を使った引締めを行いますが、帝王切開での出産をした方は産褥期にあまりキツいニッパーでギュウギュウ締め付けるのはオススメできません。
帝王切開をした方で、産後ダイエットにニッパー等の補正下着を使いたい場合には、骨盤やウエストの脂肪の引締め効果はありながらお腹の傷に負荷のかからないものを選びましょう。

ちょうどいいサイズのものよりも1サイズ大きいガードルや、サイズ調節が4段階くらいの範囲で可能なマジックテープ式やホック式のウエストニッパーのような補整下着がオススメです。

帝王切開での出産をされた場合、自分が思った以上に体には負担がかかっています。
産後ダイエットを始めるのなら、傷のひきつれがおさまってくる産後2ヶ月位に時期から少しずつ始めるのが良いでしょう。
posted by スリムな健康美人 at 16:47 | 産後ダイエット

産後ダイエット方法

産後ダイエット方法

竹内結子さんの産後ダイエットですが、スタジオインスパイリングエクササイズを主催しているMICACOさんが考案した骨盤体操ダイエットです。

骨盤、骨格のゆがみを無理なく矯正するインスパイリングエクササイズをすることで、体の体型を元に戻してダイエットに成功できるようにしていきます。このエクササイズが効果があり、竹内結子さんは出産後に8センチもウエストが細くなりました。

骨盤がゆがんでいると顔のバランスがずれてきたり、冷え性になったり、部分太りになったりします。

インスパイリングエクササイズを行うことで、骨盤のゆがみや冷え性、肩こり、生理痛を改善してスタイルを良くしていきます。

骨盤体操はエアロビクスと違い、骨を支えている深い部分の筋肉を支えている骨盤を矯正することにより、女性らしい体型を維持しながら体を引き締めていくエクササイズです。

このインスパイリングエクササイズには骨盤のゆがみを矯正するだけでなく腰痛の改善、安眠にも効果があるとされています。

posted by スリムな健康美人 at 16:25 | 産後ダイエット

産後ダイエットを成功させるために

産後ダイエットを成功させるためには

産後ダイエットは正しい知識と痩せる強い意識があれば痩せることが可能です。出産後はほとんどの女性が太るといわれています。

産後の女性の体質変化、産後の食事量増加によるカロリー過多により太ることが多いとされています。

ですが自身で強い意識を持つことで痩せられるかどうかが決まるとされています。

竹内結子さんに限らず芸能人で子供を持っている女性はきれいなスタイルを維持しています。

いろんなエクササイズ、ダイエット法を実践しているので、スタイルのよさを維持できるのでしょう。

産後ダイエットは女性の大きな悩みですが、自分に合ったダイエット法を見つけ実践することで、竹内結子さんのように独身時代と変わらずきれいになりより女性らしく輝くことができるのです。
posted by スリムな健康美人 at 16:27 | 産後ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。